一般財団法人日本エルピーガス機器検査協会(LIA)

 

  検  査  業  務  

安全のためのチェックシステム


一般財団法人日本エルピーガス機器検査協会(LIA)の検査に関する情報です。


   LPガス機器の安全は、消費者の皆様の生活に直接結びつく重要なことであり、すべてに優先すべきものです。本会では、LPガスを安全にご使用いただけるよう、種々の機器類について厳密かつ公正な検査の実施に努めています。

・第1検査
   第1検査では、最新の検査設備や計測機器を備えた中央検査所において、各品目の形式検査としておこなわれます。その数は年間24品目・726件(平成13年度実績)にも及びます。

クリックすると画像を拡大してご覧いただけます。
※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。



・材料検査
オートグラフ(素材ゴム引張試験機)
オートグラフ(素材ゴム引張試験機)です。クリックすると拡大してご覧いただけます。
オートグラフ(素材ゴム引張試験機)です。クリックすると拡大してご覧いただけます。


・寸法検査
万能投影機
万能投影機です。クリックすると拡大してご覧いただけます。


・性能検査
振動試験装置



ねじガス栓等流量試験装置
振動試験装置です。クリックすると拡大してご覧いただけます。
振動試験装置です。クリックすると拡大してご覧いただけます。

調整器性能試験装置


調整器性能試験装置です。クリックすると拡大してご覧いただけます。


・強度検査
配管用フレキ管試験装置



静荷重試験装置
配管用フレキ管試験装置です。クリックすると拡大してご覧いただけます。
静荷重試験装置です。クリックすると拡大してご覧いただけます。

衝撃力試験機


衝撃力試験機です。クリックすると拡大してご覧いただけます。


・第2検査
   先に述べた第1検査に合格した後、メーカーでその形式の生産が開始されます。本会の検定員が、製造された各ロットから所定数の試料を抜き取り、第2検査をおこないます。
   また、管理型検査制度にあっては、工場審査並びに第1検査に合格した後、メーカーでその形式の生産が開始されます。本会に登録した製造事業者が、本会の実施するフォローアップの基に、各ロットから所定数の試料を抜き取り、管理検査をおこないます。
   これらの検査に合格すると"LIA"の合格証票が貼られて工場から出荷されます。この証票が「安全の証」となるのです。


クリックすると画像を拡大してご覧いただけます。
※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

クリックすると画像を拡大してご覧いただけます。
※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。


合格証票 へ        検査規程 へ        様式集


ページの トップ へ      ホームページの メニュー

Copyright(C) 2000-2017 Japan L.P.Gas Instrument Inspection Association